postheadericon 介護

福祉車両とは、高齢者や障害を持つ方にとって、乗り降りや運転がしやすいように改造されている車のことです。

つまり、福祉車両には大きく分けて2種類あります。1つ目は、高齢者や障害を持つ方が自分で運転しやすい「自操式」です。2つ目は、高齢者や障害を持つ方が乗り降りしやすい「介護式」と呼ばれるタイプです。
また、個人向けと法人向けの車両があるので、そういった観点から分類することも可能です。

介護をする上で、高齢者や障害を持つ方の状況というのは日々違ってきます。例えば、症状が快方に向かったら、福祉車両が必要なくなるかもしれません。
しかし、反対に症状が悪化してしまうことがあれば、それまで使っていた福祉車両が必要なくなったり、他の機能を持つ福祉車両が必要になったりすることがあります。
また、新たに福祉車両を必要としている人もいますので、もし必要なくなった車両があれば買取に出してみるのもいいでしょう。

福祉用の車両は、新車もあれば中古車もあります。買取を依頼する時はまずは査定を行うことになります。そして、違う車両を求めている時は、買取を行っている業者で新車や中古車を購入することもできます。
福祉用の車両は色々あり、座席が回転シートになっているタイプや、車イスのまま乗り降りできるタイプの物もあります。高齢者や障害を持つ方は、できるかぎり自分で日常動作を行ってもらわなければいけません。また、ご本人としても人から手助けされるのをよしと思わない人もいます。

ただ、それでも症状によっては、どうしても車への乗り降りが難しい時があります。そういう時に福祉車両の買取を利用することで、使わなくなった車を売り、より使いやすい機能を持つ車に買い換えることもできるのです。

OUT LINK

訪問介護や老人ホームに必須な福祉車両はコチラから「福祉のフジ」
車両管理システムのことはこちらのサイトに詳しく載っています!;マイクロテクノロジー

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031